HOME > カテゴリ - グーグルアドセンス

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者クルマ社会の未来を築く 

日本の施設での運転評価外来は、まだ始まったばかりですので、試験的に定期的な
評価も、手探りの状態だと言えます。

将来的には、病院と教習所などの連携により、運転適性の見極め、専門的に・・・

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

続きを読む

講習予備検査の他の意義 

今回の講習予備検査の他の意義としまして、高齢者ドライバーの判断力や記憶力が
少し低下している、または、低下していないとされた場合・・・

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

続きを読む

生活権を保障する 

アメリカでは、運転できなくなった場合の、生活権を保障するような、環境づくりが
出来ているので、医師のDMV(デパートメント・オブ・モータービークル)への報告制度
も正常に機能しているのだと考えられます・・・

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

続きを読む

軽度の認知機能低下を認める高齢ドライバー 

今回の「講習予備検査(認知機能検査)」の判定基準はたしかに
甘いと思われますが、ではもっと厳しくすればいいのかというと・・・

そんなに、問題は簡単ではないようです・・・

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

続きを読む

運転の是非を検討する 

DMV(デパートメント・オブ・モータービークル)はこの報告を受け
患者の運転の是非を検討するために、専門施設に評価を依頼するそうです。

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。