HOME > スポンサー広告 > タイトル - 講習予備検査の他の意義HOME > グーグルアドセンス申請記事 > タイトル - 講習予備検査の他の意義

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講習予備検査の他の意義 

今回の講習予備検査の他の意義としまして、高齢者ドライバーの判断力や記憶力が
少し低下している、または、低下していないとされた場合・・・

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

問題なく、免許を更新できた人に対しては、それぞれの、運転行動を見つめなおす良い
機会を提供できる点が挙げられる。

講習予備検査という名前の通り、個々の検査結果に応じては、各個人に対して
よりきめ細かい、高齢者講習が行われることが期待してやみません。

また、高齢者ドライバーが、次回の更新時期までの3年間に、認知機能が低下する可能性
考えられ、誰にでもあることだと思います。

まずは高齢ドライバー本人が、自分の運転技能をチェックしてみることが、重要であり
大切なことであると言えますね。

つづく

あなたからの応援の1クリックが私の励みです(T_T)

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://netslowlife.blog40.fc2.com/tb.php/31-31e06382

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。