HOME > スポンサー広告 > タイトル - 運転の是非を検討するHOME > グーグルアドセンス申請記事 > タイトル - 運転の是非を検討する

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転の是非を検討する 

DMV(デパートメント・オブ・モータービークル)はこの報告を受け
患者の運転の是非を検討するために、専門施設に評価を依頼するそうです。

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

そもそも、運転に支障をきたす可能性のある病気は、認知症だけとは限らないですよね。

ですので、他の神経の病気、発作性の病気なども、その疾患リストに入っているそうで
その意味で、やはりアメリカの制度は進んでいると思いますね^^

色んな意味でアメリカは、問題も抱えてはいるんですが、大変参考になる事例ですね。

また、主治医と患者との個人的感情レベルの介入の余地もないのですよね。

しかし、本当は、こうしたルールは国の文化的背景なども考慮しなければいけない
でしょうし、行われるべきでありますね。

日本では、この報告制度を導入し実行しようとしても、運転適性を評価できる
専門的な医療機関などが、きわめて少ないようなので、難しいようです。

やはり、日本は日本で、これから議論を進めながら、適正な制度や適正な規制を
考えていくしかないようですが、先進国から学べるところは、学んで欲しいものです。

つづく

あなたからの応援の1クリックが私の励みです(T_T)

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://netslowlife.blog40.fc2.com/tb.php/28-5de396d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。