HOME > スポンサー広告 > タイトル - クルマ社会の先進国のアメリカでの実施例HOME > グーグルアドセンス申請記事 > タイトル - クルマ社会の先進国のアメリカでの実施例

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルマ社会の先進国のアメリカでの実施例 

クルマ社会の先進国のアメリカでの実施例ですが
クルマ社会の先進国であるアメリカなどではですね
日本とは、異なる制度が以前からとられていようです。

アメリカは、ご存知のように州によって法律が異なりますので、
当然ルールは、州によって違うんですが・・・

続きを読む前に・・・よろしければ応援1クリックお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ

例えば、カリフォルニア州などでは、認知症を含む所定の疾患を
持つ患者については、主治医が、DMV?

デパートメント・オブ・モータービークルの頭文字だそうです^^;

日本語に直すと自動車免許センターと言うことになるそうですが
日本で言えば、公安の運転免許試験場になるんですかね?

そのDMV報告することが義務づけられているそうなですよ。

医師は、患者の状態が運転に支障をきたすかどうかの判断に関係なく
当局である、DMVに報告しなければいけないそうです。

つづく

あなたからの応援の1クリックが私の励みです(T_T)

人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://netslowlife.blog40.fc2.com/tb.php/27-9270a48f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。